ITツールの登録申請

登録可能なITツールとは

中小企業・小規模事業者等のみなさま(補助事業者)の業務生産性向上に寄与する「ソフトウエア製品/クラウドサービス」と、それに付随する「オプション」・「役務」がITツールとして登録することが可能です。
なお、「ソフトウエア/クラウドサービス」の導入は必須ですが、「オプション」及び「役務」の導入は任意となります。

ソフトウエア製品/クラウドサービス

オンプレミス製品、クラウドサービスの他、ホームページ制作費用(社外・社内向け)が含まれます。

  • 既存ホームページの一部更新や改修費用は補助対象外です。
  • クラウドサービスの利用料は納品日から1年分が補助対象です。
  • 補助対象外となる製品や一部制限が付くITツールについてはITツール登録要領の別紙を参照してください。

オプション

ソフトウエア製品/クラウドサービスの導入に伴い必要となるオプション製品についても補助対象となります。以下はその主な例です。

  • 機能拡張製品
  • データ連携ソフト
  • ホームページ利用料(納品日から1年分までのレンタルサーバー費用等)
  • アカウントID追加
  • クラウド年間利用料追加

役務

ソフトウエア製品/クラウドサービスの導入に伴い必要となる役務についても補助対象となります。以下はその主な例です。

  • 保守・サポート費(納品日から1年分までの保守や問い合わせ、サポートの費用)
  • 導入設定
  • 業務コンサルテーション(関連会社、取引会社への説明会等費用は対象外)
  • マニュアル作成
  • 導入研修
  • セキュリティ対策
重要
  • ハードウエアは対象となりません。

ITツールの登録について

IT導入支援事業者は、IT導入支援事業者として採択を受けた後、取り扱う製品をITツールとして補助対象とするために、本サイト上の『IT事業者ポータル』よりITツールの登録申請を行い、採択・登録がなされる必要があります。

登録したITツールは、中小企業・小規模事業者等によって、経営診断ツールの診断結果等をもとに、当サイト上で検索がされます。

重要
  • 登録されていないITツールは交付申請をすることができませんのでご注意ください。

詳細はITツールの登録要領・手引きをご確認ください。

登録申請方法

お知らせ
  • ITツールの登録申請を受付中です。
    締め切りは、2018年11月6日(火)<予定>です。

IT導入支援事業者は、本サイト上の『IT事業者ポータル』から、ITツールの登録申請を行います(電子申請)。
登録申請の方法についての詳細は、「ITツール登録の手引き」をご確認ください。