IT導入支援事業者の
役割・要件

IT導入支援事業者とは

中小企業・小規模事業者等のみなさまの生産性向上のために、ITツール(ソフトウエア・サービス等)の提案・導入及びこれに要する各種申請等の手続きを代理で行う者として、事務局に採択された者を「IT導入支援事業者」と呼びます。

IT導入支援事業者には、ITツールの導入を検討する事業者からのお問い合わせに対応する等、事務局と共に本事業の周知活動にも取り組んでいただきます。

IT導入支援事業者になるためには、本サイトより、事前に事務局に登録申請を行う必要があります。

IT導入支援事業者の役割

IT導入支援事業者は、本事業において以下の役割を担うものとします。

  • 1.中小企業・小規模事業者等に対する、提供するITツールの使用方法等のレクチャー、相談・苦情対応
  • 2.中小企業・小規模事業者等の売上高や利益率等の生産性向上等に係る情報の収集、事務局への報告
  • 3.その他、下記概略図やIT導入支援事業者 登録要領に記載の役務
IT導入支援事業者の役割 概略図

IT導入支援事業者の登録形態

IT導入支援事業者の登録形態は「法人(単独)」「コンソーシアム」の2つの登録方法があり、コンソーシアムでの登録には構成員の登録が必要です。

法人(単独)
法人(単独)

IT導入支援事業者の登録要件を全て満たしていれば、単独で登録が可能。ITツールの登録から事業実施効果報告まで、全て1つの法人が単独で行います。

コンソーシアム
コンソーシアム

幹事社1社と構成員からなるコンソーシアム形態。単独でIT導入支援事業者としての要件を満たすことができない法人及び個人事業主等は、構成員の要件を満たしていれば構成員として参画できます。

IT導入支援事業者の要件

法人(単独)の登録要件

IT導入支援事業者を法人(単独)で登録するには、「IT導入支援事業者登録の手引き」に記載された18項目の要件を全て満たす必要があります。
「IT導入支援事業者登録の手引き」で必ず内容を確認し、理解した上で事業の遂行をしてください。

コンソーシアムの登録要件

単独でIT導入支援事業者としての要件を満たせない場合や、要件を満たすが、複数者においてIT導入支援事業者としての業務を包括的に行うことで、より中小企業・小規模事業者等の生産性向上の実現を図ることに適したサービス・アフターフォロー等が可能な場合は「コンソーシアム」を形成し、登録を行うこともできます。

コンソーシアム形態での登録には、幹事社と構成員のそれぞれに応じて該当する要件があります。 「IT導入支援事業者登録の手引き」に記載された要件を全て満たす必要があります。
「IT導入支援事業者登録の手引き」で必ず内容を確認をし、理解した上で事業の遂行をしてください。