申請・手続き

申請・手続きの概要

中小企業・小規模事業者等のみなさまとITベンダー・サービス事業者のみなさまで、行っていただく申請・手続きの内容が異なります。下記の申請・手続きの概要をご確認ください。

図を左右にスクロールできます

申請・手続きの概要

「交付申請」「事業実績報告」「事業実施効果報告」は、中小企業・小規模事業者等のみなさまに作成(入力)いただいた内容を元に、ITベンダー・サービス事業者のみなさまより代理申請する形で行っていただきます。
ITベンダー・サービス事業者のみなさまにより作成された申請・報告情報は、中小企業・小規模事業者等のみなさまの確認・承認手続きを経て、事務局への提出が完了します。

重要

交付決定の連絡が届く前に発注・契約・支払い等を行った場合は、補助金の交付を受けることができません。ご注意ください。

中小企業・小規模事業者のみなさまの手続き

1.本事業への理解

本サイトや公募要領を読み、補助事業について理解をします。

2.「経営診断ツールでの診断」「IT導入支援事業者の選定」「ITツールの選択」
「SECURITY ACTIONへの宣言」の実施(事前準備)

本サイト上で「経営診断ツール」での診断を行い、診断結果等からITツールやIT導入支援事業者を選定します。
また、「SECURITY ACTION」のホームページ上で「★一つ星」または「★★二つ星」セキュリティ対策自己宣言を行います。

3.交付申請(IT導入支援事業者による代理申請)

IT導入支援事業者との間で商談を進め、交付申請の事業計画を策定します。
その後、中小企業・小規模事業者等のみなさまの交付申請は、以下の流れで行います。

  1. IT導入支援事業者から『申請マイページ』の招待を受け、代表者氏名等の申請者基本情報を入力する。
  2. 事前準備で実施した「経営診断ツール」の診断結果のIDや、「SECURITY ACTION」のアカウントIDの情報、事業計画等を『申請マイページ』へ入力する。
  3. IT導入支援事業者から申請内容の確認依頼がきたら、『申請マイページ』で宣誓と最終承認を行う。
  4. 最終承認後、IT導入支援事業者から事務局に交付申請を提出する。(=代理申請)

なお、交付申請に必要な中小企業・小規模事業者等のみなさまの手続きは、すべて本サイト内の電子申請画面『申請マイページ』より行います。

4.ITツールの発注・契約・支払い(補助事業の実施)

交付申請を完了し、事務局から「交付決定」を受けた後に、ITツールの発注・契約・支払い等を行うことができます。

重要

交付決定の連絡が届く前に発注・契約・支払い等を行った場合は、補助金の交付を受けることができません。ご注意ください。

5.事業実績報告

補助事業の完了後、実際にITツールの発注・契約、納品、支払い等を行ったことが分かる証憑を提出します。
証憑の提出は、以下の流れで行います。

  1. IT導入支援事業者が中小企業・小規模事業者等のみなさまから事業実績報告に必要な情報及び証憑を取りまとめて、事業実績報告を作成する
  2. 上記作成された事業実績報告の内容を、中小企業・小規模事業者等のみなさまが『申請マイページ』で確認・承認する
  3. IT導入支援事業者が、みなさまの代理で事業実績報告を行う

6.補助金交付手続き

事業実績報告が完了し、補助金額が確定すると、『申請マイページ』で補助額を確認できるようになります。その内容を確認した後に補助金が交付されます。

7.事業実施効果報告

事業実施効果報告は、定められた期限内に補助事業者が『申請マイページ』より必要な情報を入力し、IT導入支援事業者が『IT事業者ポータル』から代理提出してください。

第一次・第二次公募で交付決定を受けた事業者
事業終了後、2018年4月1日から2019年3月末日までの1年間における生産性向上等に関する情報を2019年4月以降に事務局に報告します。また、導入から3年後の実績について事務局から2021年4月以降にアンケート等による任意での回答を求める場合があります。

第三次公募で交付決定を受けた事業者
事業終了後、2019年4月1日から2020年3月末日までの1年間における生産性向上等に関する情報を2020年4月以降に事務局に報告します。また、導入から3年後の実績について事務局から2021年4月以降にアンケート等による任意での回答を求める場合があります。

ITベンダー・サービス事業者のみなさまの手続き

1.IT導入支援事業者としての登録申請

中小企業・小規模事業者等のみなさまの生産性向上のために、ITツールの提案・導入及びこれに要する各種申請等の手続きを代理で行う者として、事務局に採択された者を「IT導入支援事業者」と呼びます。IT導入支援事業者には、ITツールの導入を検討する事業者からのお問い合わせに対応する等、事務局と共に本事業の周知活動にも取り組んでいただきます。

IT導入支援事業者になるためには、本サイトより、事前に事務局に登録申請を行う必要があります。

IT導入支援事業者として登録が完了したのち、事務局より補助金手続き用の『IT事業者ポータル』が付与されます。

  • 本補助金に係るすべての手続きは原則、この『IT事業者ポータル』内(電子申請システム内)で行います。
  • 電子申請システムにより、IT導入支援事業者と中小企業・小規模事業者等のみなさまとの間で、申請内容を相互に確認できます。

IT導入支援事業者登録申請受付:2018年10月24日(水)<予定>まで
※平成28年度補正 サービス等生産性向上IT導入支援事業においてIT導入支援事業者として採択されていた事業者による移行申請は、2018年5月11日(金)17:00まで

2.ITツールの登録

本サイトの『IT事業者ポータル』から交付申請の対象となるITツールを登録します。本補助金はIT導入支援事業者が登録申請し、事務局に登録されたもの以外には交付できませんので、ご注意ください。

3.ITツールの提案

IT導入支援事業者として採択を受けた後、中小企業・小規模事業者等のみなさまに、登録が完了したITツール(サービス、ソフトウエア等)の提案を行ってください。

4.交付申請

IT導入支援事業者と申請者(中小企業・小規模事業者等)の双方でやり取りを重ね、共同で申請内容を作成し、IT導入支援事業者が事務局へ代理申請を行います。IT導入支援事業者の交付申請の流れは、以下のとおりです。

  1. 申請者との間で商談等を進め、交付申請の事業計画策定を行う。
  2. 『IT事業者ポータル』から、補助金の交付を希望する申請者に対して、『申請マイページ』の招待申請を事務局に行う。
    事務局による『申請マイページ』の招待申請を受け、申請者は『申請マイページ』の開設が可能となる。
  3. 今後5年間の売り上げや労働時間等の計画数値をはじめとした事業計画関連情報や、導入予定のITツール情報について『IT事業者ポータル』に入力する。
  4. 交付申請情報の入力が完了した後、申請者に対し内容の確認・承認を依頼する。
  5. 申請者より交付申請内容の承認を受けた後、事務局へ交付申請を『IT事業者ポータル』より提出する。

5.契約・ITツールの納入

交付申請後、審査を経て、『IT事業者ポータル』にて申請の採否(交付決定)の状況を確認できるようになります。交付決定済であることを確認した上で、補助事業(ITツールの受注・契約、納品等)を行ってください。

重要

交付決定日以前に、受注・契約、納品を行った場合は、補助金の対象となりません。ご注意ください。

6.事業実績報告

補助事業が完了したら、ITツールの受注・契約、納品、支払い等が実際に行われたことが分かる証憑を提出します。
証憑の提出は、以下の流れで行います。

  1. IT導入支援事業者が中小企業・小規模事業者等のみなさまから事業実績報告に必要な情報及び証憑を取りまとめて、事業実績報告を作成する
  2. 上記作成された事業実績報告の内容を、中小企業・小規模事業者等のみなさまが『申請マイページ』で確認・承認する
  3. IT導入支援事業者が、中小企業・小規模事業者等のみなさまの代理で事業実績報告を行う

7.アフターフォロー

IT導入支援事業者は、中小企業・小規模事業者等のみなさまへ納入したITツール等のアフターフォローを継続的に行ってください。

8.事業実施効果報告

事業実施効果報告は、定められた期限内に補助事業者が『申請マイページ』より必要な情報を入力し、IT導入支援事業者が『IT事業者ポータル』から代理提出してください。

第一次・第二次公募で交付決定を受けた事業者
事業終了後、2018年4月1日から2019年3月末日までの1年間における生産性向上等に関する情報を2019年4月以降に事務局に報告します。また、導入から3年後の実績について事務局から2021年4月以降にアンケート等による任意での回答を求める場合があります。

第三次公募で交付決定を受けた事業者
事業終了後、2019年4月1日から2020年3月末日までの1年間における生産性向上等に関する情報を2020年4月以降に事務局に報告します。また、導入から3年後の実績について事務局から2021年4月以降にアンケート等による任意での回答を求める場合があります。