運輸業

運輸業

運輸業にはタクシー業、代行業、運送業など、多くの業態があります。共通する悩みもありますが、業態により抱える悩みはさまざまです。
自社の業態が抱える悩みから、導入すべきITツールの機能を見つけてください。

お悩み×解決ITツール機能

悩み・その1

【タクシー業】
ドライバー歴が短いので、どこへ行けばお客さまに乗車してもらえるのかわかりません。空車の時間も長く、あまり売上が上がりません。

おすすめITツールの機能

配車管理(配車計画、配車、備車手配)
配車管理
(配車計画、配車、備車手配)

AIタクシーのシステムを導入。タクシーの需要予測を立てる。

導入効果

携帯電話の電波や位置情報、そして地域で行われているイベント情報、過去の人の流れなどをもとに、500mごとにタクシーを必要とするお客さまの人数を予測できるシステムがあります。このAIタクシーシステムが分析したデータを各車のナビに送信。ドライバーはその情報をもとに、自分はどこでお客さまを見つけるべきかを判断できるというものです。
これまで経験や勘が乗車率の高さに繋がると考えられていたタクシードライバーですが、タクシーの需要予測のデータがあれば新人であっても空車時間が減り、利益が上がる可能性が高くなります。また予測をもとにした効率の良い配車、運行ができるのでコストの削減にもなるでしょう。

売上アップ
売上アップ
働きやすさ
働きやすさ

悩み・その2

【運転代行業】
事務所の電話オペレーターは、お客さまからの代行車予約、配車の到着連絡、運転手からのお問い合わせなど数多くの電話を受けなくてはなりません。オペレーターの社員が休憩も取れないほど電話が鳴り続けることも多くあります。

おすすめITツールの機能

配車管理(配車計画、配車、備車手配)
配車管理
(配車計画、配車、備車手配)
顧客管理
顧客管理
問い合わせ管理
問い合わせ管理

顧客管理と配車管理を連携させるツールを導入。その上で全運転手にスマートフォンを用意し、予約情報や位置情報を送信する環境を整備。

導入効果

オペレーターが予約を受ける際、顧客管理ツールから過去の予約情報を参照。お客さまから「いつものところへ来て」という予約を受けても、簡単に場所の特定ができるようになり、1本の予約電話の受け答えにかかる時間が短縮されます。
予約情報は運転手に持たせたスマートフォンのアプリへ情報を送信。地図情報も送信できます。
また、お客さまに依頼された場所へ運転手が到着したら、そのお知らせをオペレーターがお客さまに電話をするという流れをとっている場合、運転手がスマートフォンから自らお客さまに連絡できるので、場所がわかりづらいなどのお問い合わせも、お客さまと運転手が直接やり取りすることができ、スムーズに完結させられます。
これらによってオペレーターの業務負荷はかなり軽くなり、落ち着いてお客さまからの予約連絡を受けられるようになることでミスの減少も期待できます。

時間短縮
時間短縮
働きやすさ
働きやすさ

悩み・その3

【運送業】
売上や経費など、数字データは拠点ごとに行っています。各拠点から集めたデータの統合は手入力で行っているため入力に時間がかかり、リアルタイムで売上状況を把握できません。

おすすめITツールの機能

配車管理(配車計画、配車、備車手配)
配車管理
(配車計画、配車、備車手配)
運賃計算
運賃計算
採算管理
採算管理

運送業に特化したバックオフィス業務を支援するツールを導入。

導入効果

各地に散らばる配送拠点。売上や経費などのデータを拠点ごとのルールで管理していると、情報を統一することにも時間がかかってしまいます。また各拠点から集められたデータを手入力で転記し、集計するのは時間がかかるだけでなく、入力ミスも発生しがち。これらの問題は、情報を一元化して管理することで解決できます。
ツールの導入により、統一された条件のもと各拠点がデータを入力。一元管理されたわかりやすい情報をリアルタイムに確認できるようになったことで、経営状況の把握も容易に。得られた情報を配車管理などにすぐフィードバックすることも可能となり、データ管理にかかる時間の短縮とコストの削減に繋がります。
また煩雑だったさまざまなデータが整理されたことで、顧客対応のレスポンスも向上し、信頼度も高まります。

時間短縮
時間短縮
コスト削減
コスト削減
TOP
HOME